FC2ブログ

ネットビジネス・マインド入門

ネットビジネスを探している方、これから始める方、途中で挫折しないために、必要なビジネス・マインドを解説します。 つまづいている方でも、もう一度初心に帰ってみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ASP登録のやりなおし

商品選択でASPとDSPについて簡単に解説しました。


ASP=アフィリエイト・サービス・プロバイダ

DSP=ドロップシップ・サービス・プロバイダ

ですが、「A8ネット」と「もしも」の2つしか紹介していませんでした。



物品販売・サービスなら

JANet
登録するとアフィリエイト・パートナーと呼ばれます。


電脳卸
珍しい商品があります。登録すると販売店と呼ばれます。(アフィリリンクになっています)


アフィリエイトB
報酬の合計が777円以上で振込まれます。(アフィリリンクになっています)


情報商材なら


infotop
業界最大手です。(2ティアリンクになっています)

infotop に登録すると、pubooks にも続けて登録できます。

(pubooks 電子書籍のASP)


書籍


ダイレクト出版社



などがお勧めです。

楽天、Amazon、yahoo!、google などでもアフィリエイトが出来ます。



で、登録した後から「やりなおし」したくなる場合があります。


尊敬できる師匠を見つけたり、たのもしい先輩ができたりして

その人の2ティアになりたいと決めた場合などです。


1.登録を解除して、改めて師匠や先輩のリンクから再登録する。

2.違うメールアドレスで、新規に登録する。


どちらの方法でも可能です。

ただし、それまでに稼いだ報酬(振り込まれていないもの)は無くなります。


なので再登録は、大きく稼ぎ出す前に行ったほうがいいです。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/27(日) 03:48:56|
  2. ASP
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

何を誰にどうやって

「紹介する」ところまでたどり着きました。


魅力的な商品を見込み客に「欲しくなるように」紹介する。

単純に言えばこれだけです。


でも、この単純なことが意外に難しいので、つまづく人が多いです。


順番に解説してゆきましょう。


あなたが欲しいと思った商品ですから、その魅力を伝えましょう。

どこに惹かれたのか、どんなところが良いのか、いくつでもいいです。


沢山あるなら、いくつかは切り口を変えて紹介するときに使いましょう。

ブログの記事も増やせるので、一石二鳥です。



見込み客は、ブログのタイトルやキーワードを検索して訪問しています。

興味・関心があるのですが、潜在的な需要に自分で気づいているかどうか・・・


そこで商品の魅力と一緒に、潜在的な需要に気づかせる必要があります。

というより、「欲しい」という気持ちを起こさせることです。


「ニーズ」より「ウォンツ」とも言われています。


あなたも私と同じように、人間はひねくれていることをご存知ですから

「買え」と言っても、買わないことは理解していると思います。


なので見込み客から「欲しい」と言わせなければいけません。


「売り込み」でなく「紹介」することの理由です。

(やっと悪賢という名前らしくなってきました)


では、どうすれば「欲しい」と思わせることができるのか?


見込み客が欲しいのは、実は「商品」ではありません。

「商品」を手に入れた後の、自分の変化です。


化粧品なら、5歳若返る。

カードなら、ステータスを手に入れる。

自動車なら、うらやましがられ自慢できる。


目いっぱい空想を広げてもらいましょう。


これが「夢・理想」で買ってもらうパターンです。



もうひとつ、逆のパターンもあります。

手に入れなかった場合の不利、現状の不満が続くことの「恐怖」。

今のままで、もし○○が起きたらどうしますか?

その可能性は低いですか?

あなたには絶対起きないと考えていますか?



この2つが2大パターンです。

コピーライティングといって、文章表現が得意な人や

心理学に詳しい人が有利ですが、続けていれば上達します。


必要だと思えば本などで勉強すればいいのです。



両方を一度に学ぶなら

「現代広告の心理技術101」(ダイレクト出版社)がお勧めです。

第1章と第2章は基本中の基本、何度も読み返す部分です。

第3章からはテクニックが中心になりますから、

状況に合うものを選んで使う・・・必要なときに探して読む

程度でいいでしょう。


300ページもある本ですから、読むなら挫折しないように。


4000円します(90日の返金保障つきですが)から、

自分が、必要だとか面白そうだとかいう気持ちになってから

購入すればいいでしょう。


そのときに探すのも面倒でしょうから、一応


「現代広告の心理技術101」

↑私のアフィリエイトリンクになっています。


このダイレクト出版は、海外の良書を翻訳直販している会社ですが

その書籍のASPもやってますので、紹介しておきます。


ダイレクト出版社


↑アフィリエイトリンクでも、2ティアリンクでもありません。



ここまでで、ブログでのアフィリエイトやドロップシップの基本を

一応の形ができるところまで解説してきました。


長い間、お疲れ様でした。


次回からは、面倒なところや迷うところを1箇所ずつ

もう少し突っ込んで解説してゆきます。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/24(木) 02:41:30|
  2. システム化
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

形だけは出来た

無料ブログは開設できましたか?

もしつまずいているなら

このレポートを参考にしてください。



『【ノリユキ流】SEOへのFC2ブログ開設方法』


【ノリユキ流】SEO的見地からも有利な●FC2ブログ●は、
一般の方はもちろんアフィリエイターも多数利用。
むずかしくなり過ぎないように■SEO■に触れる説明も加えてます。



『【 きょんち的 】ブログ開設1日でスピード報酬!!たったの1ブログで立て続けに売れた!3つのネタを入れるだけ。売り込まない、だけど売れちゃう記事の書き方を伝授します!~実際に売れた記事も公開中~』


アフィリエイトを始めたけれどもなかなか成果が上がらない方、アフィリエイトをしてるけれども、記事を書くのがつまらない、書けないと、お悩みの方のために、スピードで成果の上げるための戦略と、売り込まないのに売れる、サクサクと楽しく記事が書ける極意を伝授。<実際に売れたブログの記事も公開中♪>


どちらも役に立ちますから、迷うなら2つともダウンロードしておきましょう。

ブログを開設できた!

という人も、これから記事を増やしてゆくのに役立ちます。


特に「きょんち」さんの楽しく記事が書ける極意は身に着けましょう。

前回も書きましたが、つらい事は続けられません。


孔子も

これを知る者は、これを好む者にしかず。

これを好む者は、これを楽しむ者にしかず。

と教えています。


知る者(義務感や使命感で行動する)より

好む者のほうが成果が出る。

好む者より楽しむ者のほうが一層成果をだせる。


イヤなことは最低限しかやりませんが、

好きなこと、楽しいことはとことんやってしまいます。



ブログの見栄えや、記事の書き方もいろいろ工夫したくなります。



アフィリエイトやドロップシップ(ネットビジネス)を

好きになってしまうことで、成果が大きくなります。


楽しんでいる人の文章からは、楽しさが伝わりますから

見込み客(訪問者、閲覧者)も引き込まれてゆくのです。


文字の羅列ではなく、言葉に込められた気持ちや熱意を

読んでいる人は敏感に感じ取るものです。


逆に、イヤイヤ書かれた文章からはマイナスの波動が出て

見込み客の気持ちもさめてしまいます。


誰かの文章のコピペからは、無味乾燥な感じしかしないでしょう。


あなたのブログです、あなたの持ち味をたっぷりと出しましょう。


誰にでも好かれるような八方美人のブログより、

好き嫌いがハッキリでるほうが、固定客(ファン)が付き易いです。


最初にやった棚卸で、自分の特徴は解っているのですから

それをどんどん出してゆきましょう。


次回は、紹介するの予定です。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/23(水) 03:07:45|
  2. システム化
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

呼び込みと営業

前回は看板と広告についてお話しました。


>どうやってお客を集めるか、どんなお客を集めるかが重要です。

>看板を掲げる、広告を出す、呼び込みを使う、営業にまわるなど
>どれもネットでも有効な方法です。

看板はタイトルで、十分に工夫しなければいけないこと、

広告は、資金の余裕と効果的な方法が解ってからでもいいこと、

この2つでした。


残りの2つ、呼び込みと営業を説明します。


呼び込みには、サテライトブログを使うのが一般的です。


サテライト=衛星です、惑星に付随する天体ですね、

地球に対する月、火星のフォボスとダイモスなど

人工衛星もサテライトです。


メインのブログへ誘導するリンクを貼ったブログをこう呼びます。


アフィリエイトやドロップシップをするための、メインブログへ

見込み客(属性の合うお客)を誘導するために作ります。


ランキングサイトへの登録や、ソーシャルブックマークの設置も

呼び込みの役目をしてくれます。



営業はもっと積極的に見込み客を集めます。

他のブログにコメントしたり、トラックバックを付けたり、

相互リンクを依頼したり、最近ではSNSを利用する方法も

一般的になってきました。



これらは全て集客のための手段です。

SEO対策も、検索エンジン(googleやyahoo!)からの

集客を増やすための手段です。


無料レポートも(呼び込みと営業の中間くらいのイメージですが)

集客の役に立ちます。



なので、コストパフォーマンス(費用対効果)を考えて行いましょう。

(この場合のコスト(費用)には、時間や労力も含みます。)


優先順位では、まず簡単にできることからやります。

みんながやっていることなので、やらなければ差をつけられてしまいます。


で、誰もが面倒だ・大変だと考えることを、余裕がある限りやります。

やる人が少ないので、ここで差をつけることができます。



ただし、一度にはできませんから少しずつ継続してやりましょう。


ビジネスと直接の関係は無いのですが、

不老長生術(不労ではありません)を受講したとき


・痛いこと、つらい事は続けられない

・面倒なことは続けられない

・お金がかかることは続けられない

こう教わりました。


継続することが大切です。


短期間集中して、ある程度のかたちを作ったら

その後は、つらくない程度・それほど面倒でない程度に続けましょう。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/21(月) 01:39:20|
  2. システム化
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

あなたに似た人

商品を決めて、バナーも用意し、ブログも開設しました。

次は見込み客を集めて、購入してもらいましょう。


どうやってお客を集めるか、どんなお客を集めるかが重要です。


看板を掲げる、広告を出す、呼び込みを使う、営業にまわるなど

どれもネットでも有効な方法です。


ですが、広告はお金がかかりますから、資金に余裕が出てきて

ある程度は効果的な広告が判ってきてから始めましょう。


実際のところ、上手に使いこなして短期間で売り上げる人もいますが

広告など使わずに売り上げている人も多勢います。


あなたがどんなビジネスを作り上げてゆくか、それによって

使うかどうかを選択してゆきましょう。


看板はブログのタイトルです、商品と見込み客をつなぐ大事な部分です。


食堂に服を買いには来ませんし、ラーメン屋にはピザを食べに来ません。


あなたの選んだ商品は、どんな人が買うか、どんな人が欲しがるか?


ここで、振り返ってください。


あなたがこの商品を欲しくなった理由は?

あなたと同じような考えで、同じように欲しくなる人はどんな人?


同じ悩みを持っているのか、同じ趣味や嗜好を持っているのか、

よく似た状況にいるのか・・・


想像力や推理力を、精一杯使ってください。



ここで手助けになるものがあります。

商品の販売ページで使われている、宣伝の文章です。


いろいろ心引かれる文句が並んでいたはずです。

あなたが興味を引かれた文句を思い出してください。

(思い出せないようなら、販売ページを見直しましょう)



一番印象に残っている文句からタイトルを考えましょう。


できるだけ「商品名」+「○○○」の形式にします。


その他の印象に残った文句は、記事の元ネタになります。

メモしておいて、それを元に記事を書きましょう。


一つの商品を違う切り口で紹介することができますから

あなたにも、ブログにも厚みがでます。


ただし、完璧を目指す必要はありません。


私はここで余計な時間を使ってしまいました、今の「完璧」は

2・3ヶ月後の自分が見れば、欠点だらけなのです。



頭で考えた「完璧」より、作ってから「反応」を確認して

修正・比較・検討しながら、より良いブログに育てたほうが

実情に合ったブログになりますから。


実践しながらテスト、実際の反応や結果を得られるので

PDCAサイクルを廻してゆけば、成果が出るのも早いです。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/20(日) 02:08:21|
  2. システム化
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

憶えていますか?

「A8」と「もしも」を紹介しましたが、もう登録は済みましたか?

これ以外のASPでも構いませんが、どこかに登録をしてください。


紹介する「商品」を探すために、登録が必要になるからです。


あなたが思わず購入したくなるような「商品」を探すために

ASPやDSPに登録しましょう、とお話したことを憶えていますか?


登録したら、さっそく商品を探しましょう。

あなたの特徴に合った「カテゴリ」で、売れ筋の商品を探しましょう。



多種多様な商品が、紹介されるのを待っています。

ピンッとくる商品を2・3種類を選んで、商品と会社について調べましょう。


ドロップシップの場合は(自分で広告を作れるので)商品や会社が

まともなものだと確認するだけで構いません。


アフィリエイトの場合は、広告主の販売ページまかせになりますから

商品と会社だけでなく、販売ページが魅力的かどうかも大切です。



これで魅力的な商品が見つからない場合、「カテゴリ」を少し広げるか

別なASPで探すことにするか、どちらかを選んでください。


慣れてくれば(売れるようになってくれば)売れ筋以外の商品を選ぶ

という方法もありますが、慣れないうちはやめておきましょう。



商品を選ぶことが出来たら、アフィリエイト用のバナーやリンクタグを

取得(コピーして、メモ帳などのエディタに保存)します。


バナーが何種類もあって迷う場合、全部取得しておきましょう。


ドロップシップの場合は、商品の写真と説明で選びます。


このバナーやリンクタグを、用意したブログなどで、紹介文と一緒に

記述(貼り付け)します。


これでアフィリエイトやドロップシップのブログが、一応できあがります。


ただし、まだカタチ・入れ物が出来ただけですから、中身が必要です。


中身(どんな見込み客を集め、どんな紹介をするか)は、次回以降で



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/18(金) 05:33:47|
  2. システム化
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ドロップシップと物販アフィリ


DSPでお勧めできるのは「もしもドロップシップ」です。

ASPと比べると、DSPの数はかなり少ないです。


私は4社しか知りませんが、なぜ1社しか勧めないのか?


・歴史が古い(経営が安定している)
・商品が豊富

などの理由もありますが

1番の理由はドロップシッパーに対して、

稼がせるためのフォローがしっかりしていることです。



初心者でも無料のツールで、簡単にサイト作成できます。

商品の選び方から店舗(サイト)の構築、そして関連法規まで学べます。


「特商法」について解説しているDSPは多いですが、

「景品表示法」についても解説しているのはここだけでした。


アフィリエイターと違って、インフォプレナーやドロップシッパーは

「景品表示法」で直接規制されています、知らないでは済まされません。


そこもきちんと教育しようとしている、その姿勢がお勧めの理由です。



もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも



これも私のアフィリリンクになっています。

ここから登録しても、私に報酬は発生しませんが、

前回触れた「2ティア」制度での登録になります。
(呼び方はベストパートナーさんですが・・・)


で、悪賢のベストパートナーなんかイヤだと言う場合は

もしもドロップシッピング




「もしも」さんは、面白いことに「もしもアフィリエイト」というASPも経営しています。



物販アフィリエイトとドロップシップ、同じように見えますが・・・


アフィリエイターは「広告主のバナー」を使って、紹介・仲介する。

ドロップシッパーは「自分のネットショップの経営者」として販売する。


法的(形式的)には、このように区別されています。



実務レベルでの違いを簡単に解説すると、

ASPで提供する「広告主のバナー」を改造せずに使うのがアフィリエイト、

「商品の写真」を元に、自分で広告文を作れるのがドロップシップです。



ASPやDSPに登録されていない商品、海外の商品を売りたい場合は

オークション、転売(せどり)、輸入代行などのビジネスになりますが

私が詳しくないので割愛します。



あなたも、そろそろ自分に向いているネットビジネスが見えてきましたか?

面白そうなビジネスがあれば、挑戦してみましょう。


考えているだけでは向いているかどうか判りません、

リスクもほとんど無いのですから、試してみることをお勧めします。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/17(木) 02:39:22|
  2. システム化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登録と裏話

ほとんどのASPでは、申し込みするときに

媒体(ブログやHP)のURLを登録しなければなりません。


先にブログ(またはHP)を開設する必要がありますが・・・



実は「A8」では、申し込み時にA8でブログを開設すれば

(ファンブログと言います)そのまま申し込めます。



DSPの「もしもドロップシップ」も、申し込んでから

用意されたツールでブログを作ることが出来ます。



私は最初に「A8(エーハチ)」に登録しました。


有名なK島氏の本でアフィリエイトを知り、そこに書かれた通りに

まずブログを開設し、記事を5つ以上書き、それから申し込みました。



なので、A8では申し込み時にブログを開設すればOK

と知ったときには、遠回りをさせられたように感じました。


しかし、A8が特別なだけで他のASPに申し込む際には

どうしてもあらかじめ開設しておく必要があります。



無料ブログで構いませんが、ブログの規約でアフィリエイト(商用)可

となっていることを確認してから開設しましょう。



A8ネットに登録するなら
A8ネット

これはアフィリエイトリンクになっています。

あなたが無料で登録しても、私に報酬が発生します。


このブログは私のネットビジネスの一環なので、

当然、私にも利益がでるように作成しています。


ただし、フェアでなければ信頼を得られません。


悪賢と名乗っておきながら、いまさら・・・(^^;)

と思うかもしれませんが、目先の数百円より

あなたからの信頼のほうが、よほど価値があるのですから。



どこのASPでも、多勢の優秀なアフィリエイターを集め

沢山売り上げて欲しいのです。


そこで、会員募集に報酬を設定したり、アフィリエイター教育や

情報提供などに力を注いでいます。


他にも「2ティア」という制度を用意しているASPもあります。


あなたから紹介されてアフィリエイター登録した人の売上げに対して

数パーセントの報酬が入る制度です。


そのアフィリエイターの報酬が減るわけではありませんが

紹介者にも報酬が入ることを、先に伝えておくべきでしょう。


この制度の良い面は、あなたの紹介でアフィリエイト登録した人を

凄腕アフィリエイターに育て上げれば、自分の報酬に反映されること。


もちろん、自分の売り上げからの報酬よりずっと少ないですが・・・



A8ネットには「2ティア」制度はありません。


自分の懐が痛むわけじゃないし、という場合はこちらから
A8ネット


悪賢に報酬が入るなんてイヤだ、という場合はこちらから
A8ネット



「2ティア」制度のASPを、すぐに紹介して欲しい場合

悪賢にご連絡をください。


まあ、焦らなくてもいずれ紹介してゆきます。


DSPについても紹介しようと思っていましたが、

また長くなってしまいましたので次回に


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/16(水) 05:29:08|
  2. システム化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パートナー選び

ASPやDSPを選ぶ基準。

0.信頼度の高さ
1.商品の豊富さ
2.システムの使いやすさ
3.報酬の高さ


この順序で選びましょう。


0.信頼度の高さ
当たり前すぎることなのですが

・きちんと報酬を払ってくれる
・欠陥商品、不良品を扱わない
・経営状態が安定している


あるASPでは、何人ものアフィリエイターが
不当な理由で、報酬を没収されたそうです。

最初から、アフィリエイターにタダ働きさせる
そんな悪徳ASPが存在しているので注意。

私はまだそのような経験はありませんが・・・


欠陥商品、不良品、詐欺商材を扱うようでは
商品の審査機能が弱いか、不誠実かのどちらかです。

購入者からのクレームは、商品を紹介した
あなたにも向けられ、悪い評判が立ち信頼を失います。


私が知っているASPだけで50社以上あります。

長期間安定しているところ、
短期に急成長しているところ、
最近できたばかりのところ、いろいろです。

我々が頑張って売上げを上げても、
ASPが経営不振で倒産しては・・・


1.商品の豊富さ
紹介したくなる商品が無ければ・・・
他のASPで探すしかありません。


2.システムの使いやすさ
商品検索、リンクタグの取得、報酬画面など

2ティア制度を採用しているところもあります。


3.報酬の高さ
同じ商品を紹介するのに、報酬額が
ASPによって違う場合があります。

複数のASPに登録して確認しましょう。



DSPは数社しか知りませんが、お勧めは1社

もしもドロップシップ

歴史も古く、ドロップシッパーに対しての

教育、情報提供、システムがしっかりしています。


また長くなりました、次回はいよいよ

ASP,DSPの登録についてです。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/14(月) 01:35:00|
  2. システム化
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「あなたも消費者」

商品選びの続きです。


前回は

ASPやDSPで、

売れている分野の、売れている商品を探し

自分の特性(傾向)に合ったものを

2・3種類選びましょう。


と言う内容をお話しました。


「売れそうだ」とか「報酬が魅力的」

という判断で商品を選んではいけません。


自分でも欲しい」と感じるものを選びましょう。

あなたの「消費者」マインドを刺激する商品なら

他の人(見込み客)の心も動かし易いからです。


「消費者」は商品をシビアな目で見ます。

あなたも何か買うとき、値段や品質、メーカー、くちコミなど

いろいろ調べたり比べたりしますよね?


あなたが「イイなー」「欲しいなー」と思わない商品を

誰かに欲しがらせるのは、難しいです。


もっとレベルが上がってからならば、挑戦しても良いですが

初心者は易しい方法から始めましょう。


ここで「イイなー」「欲しいなー」と思ったときに

どこがイイのか、なぜ欲しいと思うのか

これをメモしておきましょう。


商品を「紹介する」ときの、元ネタに使いますから。


感じたことでいいです、「カッコいい」でも十分です。

理屈ではなく感性に訴えますから。


どんなふうにカッコいいのか、どんなシーンを想像したか

そこまでメモしておきましょう。


そうやって商品を選んだら、次は「ターゲット(見込み客)」です。


が、大事なことを忘れていました。


商品を紹介して、売れて、報酬が入るようにするためには

(オークションや自分の商品を販売するのは、また別ですが)

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)や

DSP(ドロップシップ・サービス・プロバイダ)に

登録することが必要です。


ASPやDSPに登録する手順を説明していませんでした。


登録していないと「商品」を探すこともできませんから

登録後に、今回と前回のメールを、また読み直してください。


どんなASPを選ぶか、どうやって登録するか

次回はそれを説明します。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/12(土) 05:09:35|
  2. システム化
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「市場」のことは「市場」に聞け

何を売るか・紹介するか、

真っ先にここから考えて行きます。


商品⇒ターゲット(見込み客)⇒販売方法


この順序で決めてゆくのが一番やり易いからです。


ネットビジネスに慣れて、顧客数(リスト)も増えたら

ターゲットに合わせた商品を探す方法もとれますが

初心者にはまだ顧客がありませんから。


商品を選ぶために分析してみましょう。

1.既存の商品
2.自分独自の商品

自分独自の商品を開発して販売したい方でも、

初心者ではなかなか難しいでしょう。

最初は、既存の商品から始めてコツを掴みましょう。



既存の商品にも

物販(物品販売)
・消耗品(食品・化粧品・サプリメントなど)
・日用品(衣服・家庭用品・家電など)
・娯楽(音楽・ゲーム・おもちゃなど)
・学習・教育(本・ビデオ・DVDなど)

サービス提供
・マッサージ、エステなど
・レーシック、整形手術など
・塾・通信教育など

情報提供
・自動車査定、保険の見積もりなど
・株式、FX、不動産など
・ビジネス手法など


提供する形式と、分野とで分けてみましたが

これはまだほんの一部です。


好調な分野の商品から始めるのが、堅実な方法です。


しかし、どの分野でも人気・不人気がありますから

最初から1つの商品にとらわれないようにしてください。


実際の作業量に影響するので、最初は1つの分野から

2・3種類の商品を選びましょう。


選び方は、アフィリエイトならばASPの

ドロップシッピングならDSPの、売れ筋商品を見ます。


長期的に売れている商品と、最近になって爆発的に売れ始めた商品

このどちらかを選ぶと、結果が出やすいです。


棚卸で自分の傾向が判っているでしょうから、それを元に決めましょう。


既に売れているもの=市場が求めているもの、です。


他の段階でも、市場(=お客様)優先で判断しますから、忘れずに。


長くなったので、次回に続きます。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/11(金) 03:53:05|
  2. システム化
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「単純に」を「何度も」

収入が自動的に発生する仕組みを作る。

これが出来れば、ネットビジネスは軌道に乗ります。


自分の棚卸で傾向や特性が解ったなら、

ビジネスの分野を選んでゆきますが

どの分野でも、この仕組み作りは大切です。


自分が寝ていても遊んでいても、他の仕事をしていても

24時間・365日、勝手に(自動的に)稼いでくれます。


よく言われる「ほったらかしで・・・」ってヤツです。



この仕組みを作ることを「システム化」と言います。


最初の仕組みをきちんと働くように作る、ここが一番大変ですが

ひとつ作り上げれば、2つ目からはずっと楽になります。


しかし、最初のシステム化が出来ずに、つまずく人が多いです。


「システム」って何?

どうやって作るの?


よく使われる説明は

見込み客を集めて、商品を紹介して、気に入ったら購入してもらう。


また、他の説明では

訪問者数 × クリック率 × 成約率

見込み客 × 成約率 × 単価

などの式を使う人もいます。


これらはシステムの目的と流れを説明していますが・・・

具体的に「何を」すればいいのか?がはっきりしません。


そこでシステムを、自分で解る状態になるまで

各段階(サブシステムと言います)に分けます。



複雑で解らないものは、「単純に」することで解り易くなります。

・見込み客を集める
・商品を紹介する
・気に入ったら購入してもらう

それぞれの段階ごとに、さらに解るまで「単純に」してゆきます。



この中で最も重要なのは「商品」になります。

「見込み客」を集めても、紹介する「商品」が無ければ売れません。

「購入してもらう」のも「商品」に魅力が無ければ難しいです。

ビジネスなので、まず「商品」から考えてゆきましょう。



次回は「商品を紹介する」についてを「単純に」してみます。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

  1. 2012/05/10(木) 03:53:48|
  2. システム化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

答えは?

6つのレッスンは、どこまで進みましたか?


一度に全て終わらなくてもいいですが、

最後までやってみてください。



ブレインダンプとか、マインドマップという方法もありますが

紹介した方法は、実行しやすいステップにまとめられているので

時間と根気があれば、最後まで出来るはずです。



また、「問いかけ」の仕方も思考方法の参考になりますね。


レッスン3と4はちょうど反対方向からのアプローチですが

物事をいろいろな面から考える方法の基本です。



一応、レッスン2の1問目で私が書き出したのは

・高性能なPC・・・ネットビジネスをもっと快適に
・PCやネットのスキル・・・ネット生活をもっと自在に
・ネットビジネスのスキル・・・さらに高度な収入を
・頑強な体・・・まだまだ現役、死ぬまで現役
・安定した自動収入・・・豊かな生活・老後の備え
・自由な時間・・・読書三昧、ゲーム三昧
(好きな作家の小説や、気に入ったゲームをする)
・一緒に稼ぐビジネスの仲間・・・情報交換


7つありますが、5番目と6番目は同じことの別な面です。

実質6つ・・・ですが「もの」にしぼっていませんでした。

2問目、3問目の答えにしたほうがいいものが混じっていました。


ここから、私は物品・物質より環境を重視していることが判ります。


誰かに発表するものでは無いので、少々不道徳なことでもOK。
(私も見せてもかまわない答えの部分だけ見せてます)


6つ以上ある場合、一度全部書いてから優先順位をつけます。

6つも思いつかない場合、思いついただけでもOKです。



自分の棚卸とは、自己分析・自分探しでもあります。



自分が欲しいものがポルシェなのか、ランドクルーザーなのか

それともハーレー・ダビッドソンなのか?

ヨットなのか、庭付き一戸建てが欲しいのか?



買い物に行く先が全く違ってしまいますから

ここでハッキリさせておきましょう。



最後までお読みくださって、ありがとうございます。
  1. 2012/05/08(火) 06:52:32|
  2. マインド
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

忘れました

昨日のレポート、「無料」の一言を忘れてました。


いや、ワザと書かずにおいて

あなたを試そうとした訳ではありません。(^^;)


昨日のメルマガを探すのが面倒だといけませんから

念のためもう一度紹介しておきます。


『【成功者直伝】本当の自分を発見できる6つのレッスン~成功へのファーストステップ~』
(著者は宮本隆太郎氏)
無料レポートです。


ダウンロードした方は、もうお読みになりましたか?


読むだけでなく、6つのワークを実際にやりましたか?


この3つの作業
・ダウンロードする
・読む
・実際に作業する

どこかで中断しているなら、要注意です。


ネットビジネスも「ビジネス」です。

実際の作業なしでは、成果(収益)もありません。


これからの、ビジネスのシステム化でも同じ様に

どこかで中断し、挫折してしまう可能性が高いです。




・・・実は私もそうでした(^^;)

「類は友を呼ぶ」

私のブログの読者さんは

・知的なレベルが高く(自分で言うか?)
・好奇心と向上心があり(ノウハウコレクタータイプ)
・ひとひねりした性格で(つまり素直じゃない)
・実作業は後回し

こんな人が集まる・残るようになっています。


ネットビジネスで成果を出すには

「素直」に「作業を継続」することが大切

なのに・・・


私の場合、プログラマの経験もあるので

「素直」でなくても、
この作業の意味・目的は?と考えながら乗り切り


「作業を継続」は、
効果をテストしているのだと考え、

少し(?)遠回りしながらも、続けることができました。


でも悔しいですよね。

「作業の継続」はともかく

「素直」でないと成果が出ないなんて

我々ひねくれ者はどうなる?


「素直」じゃなくても成功してやろうじゃないか!

はい、十分にひねくれてますね。(^^;)


よく「守、破、離」という言葉を聞きます。


我々は「守」は苦手で、時間がかかるかもしれません。

しかし、「破」と「離」の段階になれば?

そうです「素直」で「守」が得意な人たちより

ずっと有利になるのです。


なにしろ性格的に「ひとひねり」するのが得意なのですから。


苦手な「守」の段階を、出来るだけ短期間で卒業しましょう。


さんの個性を「破」と「離」の段階で発揮するために!


では、さっそく6つのレッスンをどうぞ!


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
  1. 2012/05/07(月) 05:40:55|
  2. マインド
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

これで棚卸(たなおろし)

お待たせしました。

自分自身の棚卸(たなおろし)方法です。


『【成功者直伝】本当の自分を発見できる6つのレッスン~成功へのファーストステップ~』
これも無料レポートです。(著者は宮本隆太郎氏)


大量の無料レポートに埋もれてしまって、
探すのに手間取りました。
遅れてしまい、申し訳ありません。


孫子の言葉では
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

大日経でも
悟り(菩提)とは、自分の心をありのままに知ること


適材適所を自分にも適用すること、

これが成功への近道です。


あなたに何が向いているのか?

どんなネットビジネスが向いているのか?


しっかり作業をして、自分の適性を知ってください。


この作業をしておくことで、

しっかりした軸ができて、

迷いが無くなります。



では、頑張ってください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/06(日) 05:05:11|
  2. マインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狙われています

あなたが消費者でいる限り、常に狙われています。

誰に?
様々な商品やサービスの販売者に。

何を?
あなたのお金・財産を。

いつ?どうやって?
さまざまなキャンペーンで


「キャンペーン」よく聞く言葉ですが

もともとの意味は「(一連の)軍事行動」です。

(英和辞典で調べるなら campaign )


「実践<戦術<作戦<戦略」で触れた、「作戦」のことです。

(ただしくは「セールス キャンペーン」と言います)


あなたが「消費者」なら、この「作戦」の標的です。


「値下げしてる」「サービスが付いてる」「お得だ」

こうして販売者の思惑通りに・・・



実は「消費者」という人種は存在しません!



消費活動をする人間がいるだけです。

(初心者についてお話したときと同じ考え方ですね)


あなたがしているのは、消費活動だけでしょうか?

生産活動や販売活動もしているはずです。



つまり「意識」の問題なのです。
(ここでも「マインド」です)



「消費者」意識だけで行動せずに、

自分の人生の「経営者・支配者」としての意識で

行動するようにしましょう。



あっ日本語で「支配」と言うとイメージが悪いですが

英語では「コントロール」です。

自分を「コントロールする・制御する」の方が

納得しやすい言い方でしたね。



現代社会では「消費活動」しなくては生活できません。

「自給自足」には戻れない社会になっています。



だからこそ「消費者」意識だけで行動しないでください。



ただの「消費者」になる時、あなたは標的になっている

このことを、お忘れなく!


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
  1. 2012/05/02(水) 04:36:13|
  2. マインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。