ネットビジネス・マインド入門

ネットビジネスを探している方、これから始める方、途中で挫折しないために、必要なビジネス・マインドを解説します。 つまづいている方でも、もう一度初心に帰ってみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

答えは?

6つのレッスンは、どこまで進みましたか?


一度に全て終わらなくてもいいですが、

最後までやってみてください。



ブレインダンプとか、マインドマップという方法もありますが

紹介した方法は、実行しやすいステップにまとめられているので

時間と根気があれば、最後まで出来るはずです。



また、「問いかけ」の仕方も思考方法の参考になりますね。


レッスン3と4はちょうど反対方向からのアプローチですが

物事をいろいろな面から考える方法の基本です。



一応、レッスン2の1問目で私が書き出したのは

・高性能なPC・・・ネットビジネスをもっと快適に
・PCやネットのスキル・・・ネット生活をもっと自在に
・ネットビジネスのスキル・・・さらに高度な収入を
・頑強な体・・・まだまだ現役、死ぬまで現役
・安定した自動収入・・・豊かな生活・老後の備え
・自由な時間・・・読書三昧、ゲーム三昧
(好きな作家の小説や、気に入ったゲームをする)
・一緒に稼ぐビジネスの仲間・・・情報交換


7つありますが、5番目と6番目は同じことの別な面です。

実質6つ・・・ですが「もの」にしぼっていませんでした。

2問目、3問目の答えにしたほうがいいものが混じっていました。


ここから、私は物品・物質より環境を重視していることが判ります。


誰かに発表するものでは無いので、少々不道徳なことでもOK。
(私も見せてもかまわない答えの部分だけ見せてます)


6つ以上ある場合、一度全部書いてから優先順位をつけます。

6つも思いつかない場合、思いついただけでもOKです。



自分の棚卸とは、自己分析・自分探しでもあります。



自分が欲しいものがポルシェなのか、ランドクルーザーなのか

それともハーレー・ダビッドソンなのか?

ヨットなのか、庭付き一戸建てが欲しいのか?



買い物に行く先が全く違ってしまいますから

ここでハッキリさせておきましょう。



最後までお読みくださって、ありがとうございます。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/08(火) 06:52:32|
  2. マインド
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

忘れました

昨日のレポート、「無料」の一言を忘れてました。


いや、ワザと書かずにおいて

あなたを試そうとした訳ではありません。(^^;)


昨日のメルマガを探すのが面倒だといけませんから

念のためもう一度紹介しておきます。


『【成功者直伝】本当の自分を発見できる6つのレッスン~成功へのファーストステップ~』
(著者は宮本隆太郎氏)
無料レポートです。


ダウンロードした方は、もうお読みになりましたか?


読むだけでなく、6つのワークを実際にやりましたか?


この3つの作業
・ダウンロードする
・読む
・実際に作業する

どこかで中断しているなら、要注意です。


ネットビジネスも「ビジネス」です。

実際の作業なしでは、成果(収益)もありません。


これからの、ビジネスのシステム化でも同じ様に

どこかで中断し、挫折してしまう可能性が高いです。




・・・実は私もそうでした(^^;)

「類は友を呼ぶ」

私のブログの読者さんは

・知的なレベルが高く(自分で言うか?)
・好奇心と向上心があり(ノウハウコレクタータイプ)
・ひとひねりした性格で(つまり素直じゃない)
・実作業は後回し

こんな人が集まる・残るようになっています。


ネットビジネスで成果を出すには

「素直」に「作業を継続」することが大切

なのに・・・


私の場合、プログラマの経験もあるので

「素直」でなくても、
この作業の意味・目的は?と考えながら乗り切り


「作業を継続」は、
効果をテストしているのだと考え、

少し(?)遠回りしながらも、続けることができました。


でも悔しいですよね。

「作業の継続」はともかく

「素直」でないと成果が出ないなんて

我々ひねくれ者はどうなる?


「素直」じゃなくても成功してやろうじゃないか!

はい、十分にひねくれてますね。(^^;)


よく「守、破、離」という言葉を聞きます。


我々は「守」は苦手で、時間がかかるかもしれません。

しかし、「破」と「離」の段階になれば?

そうです「素直」で「守」が得意な人たちより

ずっと有利になるのです。


なにしろ性格的に「ひとひねり」するのが得意なのですから。


苦手な「守」の段階を、出来るだけ短期間で卒業しましょう。


さんの個性を「破」と「離」の段階で発揮するために!


では、さっそく6つのレッスンをどうぞ!


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
  1. 2012/05/07(月) 05:40:55|
  2. マインド
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

これで棚卸(たなおろし)

お待たせしました。

自分自身の棚卸(たなおろし)方法です。


『【成功者直伝】本当の自分を発見できる6つのレッスン~成功へのファーストステップ~』
これも無料レポートです。(著者は宮本隆太郎氏)


大量の無料レポートに埋もれてしまって、
探すのに手間取りました。
遅れてしまい、申し訳ありません。


孫子の言葉では
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

大日経でも
悟り(菩提)とは、自分の心をありのままに知ること


適材適所を自分にも適用すること、

これが成功への近道です。


あなたに何が向いているのか?

どんなネットビジネスが向いているのか?


しっかり作業をして、自分の適性を知ってください。


この作業をしておくことで、

しっかりした軸ができて、

迷いが無くなります。



では、頑張ってください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
  1. 2012/05/06(日) 05:05:11|
  2. マインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狙われています

あなたが消費者でいる限り、常に狙われています。

誰に?
様々な商品やサービスの販売者に。

何を?
あなたのお金・財産を。

いつ?どうやって?
さまざまなキャンペーンで


「キャンペーン」よく聞く言葉ですが

もともとの意味は「(一連の)軍事行動」です。

(英和辞典で調べるなら campaign )


「実践<戦術<作戦<戦略」で触れた、「作戦」のことです。

(ただしくは「セールス キャンペーン」と言います)


あなたが「消費者」なら、この「作戦」の標的です。


「値下げしてる」「サービスが付いてる」「お得だ」

こうして販売者の思惑通りに・・・



実は「消費者」という人種は存在しません!



消費活動をする人間がいるだけです。

(初心者についてお話したときと同じ考え方ですね)


あなたがしているのは、消費活動だけでしょうか?

生産活動や販売活動もしているはずです。



つまり「意識」の問題なのです。
(ここでも「マインド」です)



「消費者」意識だけで行動せずに、

自分の人生の「経営者・支配者」としての意識で

行動するようにしましょう。



あっ日本語で「支配」と言うとイメージが悪いですが

英語では「コントロール」です。

自分を「コントロールする・制御する」の方が

納得しやすい言い方でしたね。



現代社会では「消費活動」しなくては生活できません。

「自給自足」には戻れない社会になっています。



だからこそ「消費者」意識だけで行動しないでください。



ただの「消費者」になる時、あなたは標的になっている

このことを、お忘れなく!


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
  1. 2012/05/02(水) 04:36:13|
  2. マインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知らない自分

いよいよ、自分の棚卸(たなおろし)を解説しましょう。


いろいろな方法があります。



人生を時代別に振り返る方法、

能力や特技を全て挙げる方法、

好き嫌い・やりたいことをリストアップする方法などなど。



あなたもいくつかは、ご存知かもしれません。



どこに目をつけるか、どう応用するかが違うだけで

ベスト・パフォーマンスを引き出そうという目的は同じです。



性格や生きる姿勢に目を向けるのか、

能力・適性から効率を重視するか、

それとも感情・情動のエネルギーを使うか・・・



人間の多面性・多層構造を考えれば

どの方法も、それぞれ有効だし、限界もあります。



時間の余裕があれば、全部を試して欲しいですが、

即効性を求めるなら、能力・特技・適性の分析から、

長期的な基礎固めなら、時代別に振り返る方法を

最初に試すと良いでしょう。



その後も3・4ヶ月から半年に1回は

また棚卸をしてほしいです。



自分の進む方向が正しいか、軌道修正が必要か

それを確認するためです。



間違った方向の努力では、結果が出ません。



信頼できる師匠・先輩を見つけることができて、

アドバイスをもらえるようになるまで、

自分で自分に鞭をいれ、自分の手綱をとる

そのために有効な方法です。



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
  1. 2012/04/27(金) 23:53:17|
  2. マインド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。